[ ホーム ] [ 上へ ] [ DIYツール ] [ 純正補修パーツリスト ] [ 定期交換パーツリスト ] [ 本皮シートメンテナンス ] [ リアスクリーンメンテナンス ]


リアスクリーンのメンテナンスです。

仕切り線

  • オープンカーで一番劣化しやすいパーツといえば、ビニール製のリアスクリーンです。 S2000 も例外でなく幌の開閉を繰り返していると、リアスクリーンに擦り傷や白っぽい曇りが生じてしまいます。
    ここで紹介するのは、モータウンから発売されている『ソフトトップメンテナンスキット』です。


     
    ソフトトップメンテナンスキット
使用前
S2000 の場合、擦り傷ができる原因として2つのことが考えられます。
  • リアスクリーン外側に砂等のホコリが付着したままガソリンスタンドで拭かれたり、幌を格納したときに折り目で擦れる。
    • 水でホコリを洗い流してから乾いた柔らかい布で拭けば予防できます。
  • 幌格納時にリアスクリーンの内側がリアトレイと擦れる。
    • リアトレイにタオル等を敷いておくと予防できます。

← 放っておくとこんな風に全体的に白っぽくなったり擦り傷ができてしまいます。

※できるだけ最初から上記の傷予防をするようにしましょう。


すでに擦り傷や曇りができてしまった場合は、ソフトトップメンテナンスキットを使用して元の状態に戻しましょう。

使用方法
  1. 先ずリアスクリーンの汚れを水を流しながら落として、乾燥させます。
  2. キット付属のクロスへ、プラスチックウィンドウ用クリーナーを適量含ませて、リアスクリーンの外側と内側を直線を描くように拭きます。
  3. しばらくすると乾燥して白くなってくるので、柔らかい布で拭き取ると完了です。
使用後 ご覧のとおり、擦り傷と曇りが取れてクリアな視界が得られます。
雨の雫も水玉になって流れるので、雨の日の後方視界も多少ですが改善されます。

 


仕切り線

上へ戻ります。