[ ホーム ] [ 上へ ] [ スプリング(kg/mm DR21 SUPER SPORT) ] [ スピーカー ] [ Hエンブレム ] [ サイドエンブレム ] [ パッセンジャープレート ] [ サイドウィンカー ] [ ドリンクホルダー ] [ RAYBRIG R1000TWIN ] [ アーシング ] [ ホーン(BOSCH RALLY STRADA [Type N]) ] [ ナンバープレート ] [ RUDORA advantage ]


マフラー(RUDORA advantage)

仕切り線

 

装着前のサイレンサー画像 純正のマフラーは重さが23Kg以上もあり、エキゾーストノートもこもりがちでスポーツカーにしては少々色気が足りないので、 RUDORA の advantage に交換しました。
選んだ理由は、雑誌広告の『軽量・高機能・良音』というキャッチコピーとバイクのマフラーみたいなカーボンサイレンサーのルックスです。_(^^;)ゞ
実際に装着して乗った感想ですが、低速トルクが確実にアップした感触があります。
エキゾーストノートは、けっこう爆音系です。(オープンカーには不向きかも)低回転時は低音で、高回転になるにつれ音がカン高い抜けの良さそうな音になります。付属のインナーサイレンサーを装着すればJASMA認定マフラー並みの音量になりますが、あまり良い音ではありません。

以下は雑誌広告の商品説明です。

排気効率はもちろん、運動性能も含めたトータルなチューンアップを視野に入れ、軽量化の為にサイレンサー部分は、ステンレスを0.5mmシェイプし、強度の確保にカーボンファイバーを装填。
さらに、差込みジョイントタイプを採用することによりさらなる軽量化と、最低地上高の幅を広げ足廻りのセッティングに一層の自由度を与え、よりアグレッシブにマシンを進化させる。
もちろん、数々のデータをもとに極力ストレスを排したストレートに近いパイプワークは、エンジンパワーをロスすることなく、ポテンシャルを最大に引き出すことに成功。テール部は吊り下げ式を採用し、レーシーなルックスと、後方に約50mmの取り付け可能範囲を得、エアロパーツ装着時の自由度を確保。マシンそしてドライバーのテイストに応える。
トルク感を十二分に感じるエキゾーストノートとともに、新たな伝説の始まりを感じてほしい。

商品名 RUDORA advantage
金額 128,000円
購入先 ホンダベルノ

装着前サイレンサー
サイレンサー拡大画像
サイレンサー拡大画像その1 サイレンサー拡大画像その2 サイレンサー拡大画像その3
車両装着画像
車両装着画像

仕切り線

上へ戻ります。