[ ホーム ] [ 上へ ] [ SB-OLM ] [ まほろばの里 ] [ オープンカー好きの早朝ツーリング in 阿蘇〜熊本〜 ] [ S2000 Autumn Touring in Kyushu ] [ S2000ML 九州 ロッジング オフライン ミーティング ]


オープンカー好きの早朝ツーリング in 阿蘇〜熊本〜

仕切り線

 

道の駅 〜大津〜 ← 自宅をAM5:00に出発して、AM8:00前に熊本の道の駅−大津−に到着。

待ち合わせ時間がAM8:30だったので一番に到着してしまいました。
しばらく待っていると白い S2000 が入って来たので話し掛けてみると、2000番倶楽部の西郷どんさんでした。
で、しばらくして参加者が揃ったところで、自己紹介とツーリング日程の説明がありました。
ここでの参加車は、 S2000×2、MG−F×4、BMW Z3×2、CR−Xデルソル×1、ALTOワークス×1です。
チェックポイントのスカイライン展望台に向かう一行。 →

流石に多彩な車種のオープンカーが揃っていてかなり目立ってました。
先頭は本ツーリング主催者のだい@さんの赤MG−Fです。
縦列駐車その1


縦列駐車その2

オープンカー縦列駐車の図


スカイライン展望台その1 ← スカイライン展望台へ到着!!。ここで2台のビートと合流しました。

MG−Fが4台、それぞれモディファイが個性的で格好良かったです。

※奥に映っているワークスは、 S2000ML管理人の後藤さんです。
 ニューフォーミュラレッドの S2000 を契約したそうです。
だい@さんのMG−Fと並んだMy S2000 の図。 → スカイライン展望台その2
スカイライン展望台その3 ← 手前のグランプリホワイト S2000は西郷どんさんのです。

Z3が2台並んでます。鮫のエラのようなダクトがかっちょえ〜。
(拡大画像あり)
 お約束の撮影タイム(^_^;) →

みんな一斉にデジカメで撮ってました。(拡大画像あり)
スカイライン展望台その4
スカイライン展望台その5 ← くどめさんのZ3は直6 2リッターです。

納車されたばかりで、まだ慣らし運転中とのこと。
 シバタクさんのZ3は直4 1.9リッターです。 →
Z3ってナンバープレートが真ん中で折ってあるんですね。
センターグリルを覗き込んだら大きな電動ファンが鎮座してました。
スカイライン展望台その6
スカイライン展望台その7  ← 西郷どんさんと同じく鹿児島から参加の福園さんです。

手動トランストップの収納状態を見せていただきました。
 大観望に到着!! →

後藤さんと池脇さんはデルソル覗き込んで何してるのかな?
(拡大画像あり)
大観望その1
大観望その2  ← 何となく撮ったリアビュー。
 何となく撮ったフロントビュー。 → 大観望その2
大観望その3    ← カーニバルイエローのビートで参加のSATOさん父子です。

SATOさんのビートは晴れの日にイエローがとても映えていて、一番目立ってました。
 オープンカーボンネットオープン対決!!(^_^;) → 大観望その4
大観望その5  ← 色々な車種のエンジンルームが拝めて貴重な体験です。。
事の起こりは、くどめさんの直6 2リッターのZ3と、   →
シバタクさんの直4 1.9リッターのZ3を見比べる為に
ボンネットを開けたら連鎖反応でボンネットが開いていったそうな。(^_^;)
大観望その6
大観望その7  ← ビートのボンネットの開き方って往年のスーパーカーみたいでカッコイイです。
 みんなで記念撮影。(^o^) →

(画像提供:だい@MG-Fさん)
私は真ん中の前から2番目にいます。
大観望その8
道中その1  ← 三愛レストハウスへ向かう道中。

みんなとはぐれないよう、停車しながら走りました。
 走行中にファインダー覗かないで、唯一まともに撮れていた写真。 →

この日は快晴で阿蘇のワインディングをとても気持ち良く走れました。
道中その2
三愛レストハウスその1  ← 三愛レストハウスに到着!!

まるで撮影してくれと言わんばかりのシチュエーションの扇形駐車場です。
もちろんここでもお約束の撮影タイムです。(^_^;)
(拡大画像あり)

部分拡大画像 その1 その2 その3 その4 その5
違った角度でもう1枚。 →

(拡大画像あり)
三愛レストハウスその2
道中その3  ← 朝日台レストハウスへ向かう道中。

CR−Xデルソル、ビート、 S2000 と近年のホンダオープンカー3台が連なって走ってます。感慨一入です。(^.^)
 朝日台レストハウスに到着!! →

ここで名物のソフトクリームを食べました。
とても美味しかったです。
朝日台レストハウスその1
朝日台レストハウスその2  ← 朝日台レストハウス。

(拡大画像あり)

この後、水分峠で解散しました。

また異車種のオープンカー仲間と一緒にツーリングできるといいね。

仕切り線

上へ戻ります。