[ ホーム ] [ 上へ ] [ Spec ] [ Goods ] [ Maintenance ] [ Trouble ] [ Parts ] [ Touring Note ] [ Fuel ]


Trouble

仕切り線

不具合/対応策リスト
トラブル発生箇所 現象 原因 対応策
フロントウレタンバンパー塗装めくれ ボディとバンパー接合部のホイール側の塗装がめくれる。 工場出荷時のボディとバンパーのクリアランス確保不足の為、起伏のあるコースを走行したりすると擦れてバンパー側の塗装がめくれてきてしまいます。 既に塗装がめくれてしまった場合は、ディーラーにてクレーム扱いで新品と交換して、ボディとバンパーの接続クリアランスを広げてくれます。
まだ塗装めくれのない方は、予防策としてディーラーでボディとバンパーの接続クリアランスを広げてもらうのがいいと思います。
ただし、生産ロットによっては既に対策済みの場合があります。
リアウレタンバンパー塗装めくれ 上記と同様。 上記と同様。 上記と同様。
ミッションのギア鳴り(ジャダー音) 2速または3速を使用してエンジンブレーキをかけるとミッション当たりから『ガラガラ』と音がする。
オープン時の幌フレーム軋み音 オープン走行時に幌のフレームからミシミシ音がする。音がするときとしないときがある。
間欠ワイパー作動時のリレー音 間欠ワイパーを作動させると、ワイパー動作時にウィンカーのような『カチッ』という音がなる。 メーカーに確認してもらったところ、リレー音がなるのは正常らしいです。  個体差でリレーの取付け位置が若干ボディよりだと他車より少し音が大きく  なるみたいです。 リレーを消音材で包むと改善されるようです。 
助手席シートベルト 助手席空席時に助手席シートベルトのバックルが、ドア内張りに当たって『コツコツ』と音がする。 助手席シートベルト未装着時に、シートベルトバックルが丁度ドア内張り部にくるため。 市販のシートベルトストッパーを付けて、シートベルトのバックルがシートのショルダーサポートの前にくる位置で固定しておくとよいです。
あとは、バックルをショルダーサポート部まで引っ張り上げとくのも有効です。
トランクへの雨水浸入 雨天走行時にトランクの窪みに水が溜まる。 リアホイールハウス内のシール処理に甘い部分があり、雨天走行時にタイヤが水を巻き上げ、ボディを伝ってトランクの窪みに雨水が貯まるため。
ディーラーにてクレーム扱いで、ホイールハウス内のシール処理強化を行います。ディーラーによっては、トランクの内装を全交換してくれるところもあります。

仕切り線

上へ戻ります。